FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

06/20(Mon)

ドキドキとハラハラ

okada.jpg


 昨日、いつもの日曜よりは早く寝たつもりなのに、早く起きることができなかった。この莫大なやることをいつ片付けようかな・・・(汗)

 月曜は唯一の4限の憲法の授業があるのだが、「Aiichiro’s Information」でお知らせしていたように、この時間帯に民主党岡田克也代表の講演会があるので、授業をサボり(どうせ出欠も取らないし♪)そちらの方に行くことにした。

 それまで、夕方のバイトの用意をして、開場時間と同時に講演会の教室に入る。予想よりも生徒の関心が高いらしく、良い席は早々と埋まってしまう。今回は友達と一緒に聴くことにしていたので、慌てて席を取らなくてはならない。それで、何とか確保したのだけど、15分前に来ると言ってたその子がなかなか来ない。まぁ来るだろう、と楽観し入口で来るのを待っていたが、残り5分、4分、3分・・・となってくるうちに、席取りが退けられないのだろうか、と不安になってきて、席と入口を行ったり来たりしてた。早く来ないかなぁと焦りを募らせていた開始1分前を切ったちょうどその時、走ってやって来てくれました。その笑顔を見るとそれまで募っていた焦りも吹き飛んで安心し、会場に突入。2階席にお回り下さいという係員の制止を振り切り、間一髪何とか間に合いました(汗)いやぁ、実に危うかった。いい思い出になるのかもしれない。

 すでに他の生徒300名ほどが着席している前を急いで通り過ぎ、取っておいた席に着席。それと同時に講演会の主催者の挨拶が始まった。挨拶をされたのは政治経済学部の河野勝教授(昨年亡くなった私の曽祖父と同姓同名である)。政経の教授の話をライブで聴いたのは初めてだけれども、話すのが早すぎて言いたいことがよく分からい。そんな挨拶が手早く終わると岡田代表の入場である。どんな入場をするのか、安部晋三の時のように劇的に後ろから入ってくるのか、など期待していたが、単に上手から入ってくるだけで期待が裏切れられた感がした。早速、岡田代表の講演が始まる。だが、この講演会、「政権奪取への戦略」というテーマのはずなのだけれども、彼は一向にそれを語ろうとはしない。ひたすら、民主党の政策を述べているのみである。

 確かに、彼の話は分かりやすい。安倍晋三の話に一貫性や統一性がなく物事を飛び飛びに述べていたのに対し、岡田代表は極めて論理的で前後の繋がりが明白である。そんな中で、まぁそのうち選挙戦術についても言ってくれるだろう、と思っていたのだけれど、結局言わないまま終わってしまった。これはあんまりだ。彼は今回のテーマを知っているのだろうか。民主党は日々政策を国民向けに訴えている。その政策がいくら素晴らしかろうとも、それ自体は調べたり資料を読んだりすれば分かるのであって、ライブで講演したり聴いたりする必要がない。これでは来た価値が無くなってしまうと思い、次の質疑応答では真っ先に手を挙げ、3番目の質問権を獲得し、直接本人に問い合わせることにした。質問内容は当然、次期総選挙における政権奪取のための民主党の戦略である。が、その返答は単純簡潔で、「大道として正しいことを主張すれば、日本人は賢明であるから、選挙の時に懸命な選択が下されるはずだ」というものであった。「日本人は賢明」で済ましてしまって良いのだろうか?なぜそう思うのか?これまで自民党に勝つことができなかったではないか、など不明感を抱いてしまう。

 この点については、その後の質問者からも4度に渡って質問される。ところが、岡田代表は、何度も、自らの経験から「日本人は賢明」であることに確信できるのだと言う。私は、その言葉を何度も聴いているうちにこれまで感じることは無かったが、芯の強い政治家なのだろうか、と思うようになった。確かに、彼の言う通り、「日本人は賢明」であるならば、政権が取れる日もやってくるのかもしれない。「確信」的に物事を進める。それは、元々寄せ集め集団から出発した民主党のトップとして必要な手法なのかも知れない。興味深い考えである。これからも岡田代表の動向について追ってみよう。
 
P.S. 講演会の内容は後日アップしようと思います。



このページのトップへ
06/19(Sun)

Aiichiro@22号館

 今日は先週から戻って普通の授業。良くはないのだが、まぁ、いつも通りか(--;)
 何とか仕上げて、6時に西早稲田へ。昨日のバドミントンの筋肉痛が続いてて、歩くのがきつすぎる。なぜ?今週だけ??と思いつつ、駅から校舎までがかなり遠かった。
 それだけでくたびれてしまい、今に至る。おかげでやることもはかどらない。やばいなぁ、今週のレポート、また、手をつけてねぇよ。
 今から馬場歩きか…何分かかるかしら。
このページのトップへ
06/18(Sat)

決戦の日―その二

 今日は先日と続いて、終日息の抜けない決戦の日である。まず初っ端は、1限体育のバドミントン。まさか、羽根突きとバドミントンの違いが区別できない者はいないだろうな(笑)バドミントンは一般的に考えられているのよりもはるかにハードなスポーツである。スピードも速く、初速は200~300km/hに及ぶことも。いつもは、あんま好きな授業じゃないのだけど、なんとなく今日はいい気分で居られた。が、次が中国語でしかもテストがある。ユニフォームのまま、先週のこの時に出くわした友達に見つかったらどうしようと思いつつ、正門商店街を疾走し教室へ飛び込む。時間が結構あるのに気づくと妙な自信が沸き、勉強そっちのけで着替えに行った。(しかし、テストはダメダメ^^;)
 いつもよりも長く授業が続いた後、東西線を東へ。15分前に教室に飛び込み、セットアップ。第2の関門に挑むも、今回は不調。明日の日曜授業が不安だなぁ。
 4時間勤務の後、西早稲田22号館へ戻り、「この日何の日」を2日分編集した後、新宿へ。最終ラウンドである。気合を溜めていたが、期末試験が近く全員が試験対策だった。東京の期末試験は早い。(いや、愛光が遅すぎるのか?)いつも通りこなして、授業終了。この時点で疲労は蓄積していたが、小学生が鍵を無くしたとやってきて、一緒に探していた。先生5名による30分の捜索。結構な労働力だなぁと思いつつ自分も真剣になってみたり?だが、まったく見つからず、11時に帰ることにした。とにかく、疲れた。やっと、まともに寝られます☆★
 
このページのトップへ
06/17(Fri)

“決戦は金曜日” 

fsawa.jpg

<午後9時の藤沢駅南口>

 諸君は、“決戦の金曜日”という歌をご存知だろうか。そう、“Love Love Love”の前のドリカムの曲である。ちなみに、“Love Love Love”を主題歌にしていたTVドラマ「愛してくれと言ってくれ」から早十年。ふぅー(´o`)=3)
 今年の国立前期の一日目は金曜日。この曲を聴きながら試験場まで行った記憶がある。まぁ、家から試験室まで10分足らずだけれども。
 今日は、先週すっぽかした5限を含め朝9時から夕方6時まで授業を受けた後、Wasedasaiのゼミの代表で説明会に行ってみた。このイベントには訳ありであんま関わりたくはなかったのだけれど、ゼミ関係の理由で行くことにした。
 7時過ぎまで普通な話を受け、仕事先の一つの研修会のため、藤沢まで急行した。一年ぶりの藤沢である。新宿から小田急で約1時間。去年の2月のある日の朝、SFCに受けに行く気があったなら、もしかして、ここ住んでいることになっていたかも―そんなことを思いつつ、藤沢に到着。結構な都会だ。さすが首都圏。こんな遠くにも約40万人の都市が発達している。上は、駅前の写真である。こんな建物の前を通って、勤務先に到着。
 が、着いても事務員は誰もおらず、講師は全員授業中。つまり、もぬけの殻でどうしようもない。その場で突っ立っているのも怪しいので、藤沢の中心街をふた周りほどしたあと、また校舎の中に入った。そこで入り口に張っているプリントをふと見てみると、研修担当の教科主任が今日はその校舎に来ないという情報があった。おかしいなぁ、と思い電話してみると、なんと、研修先は、藤沢ではなくて菊名(横浜)であるらしい。あ~ぁ、やってしまった。急いで東海道線に飛び込み横浜へ。そこから、東横線に乗り換え、菊名に到着。はや、10時20分である。それから、焦って研修に挑んだものの、ハチャメチャ・・・。研修は未明まで続き、帰宅は深夜1時。あ~ぁ、明日一限から授業(しかもバドミントン;_;)なのに~。開き直って、一時間くらい電話しておしゃべりしちゃった。まぁ、かなり疲れちゃったけど、最後は楽しかったかな(笑)
このページのトップへ
06/16(Thu)

ささやかな休息。

 今週は、週6勤務なので休みは今日だけ。
2限に物理、3限・4限に教職という、経済学専攻らしからぬ授業の後、図書館・22号館へ論文研究へ。それも、あまりかたづかず、やる予定だった夏休みの計画立ても出来ず・・・あぁ、いつやろうかしら??(汗)
 
このページのトップへ
06/15(Wed)

「私は貝になりたい」


 朝からハードである。映画を見るだけなんて楽だなぁと思いきや、疲れ果てた。今から中間テストがあるのに。
 しかし、まぁー、なんと単純な物語展開であろうか。中学・高校の頃みたいに私でも演出が出来るのかもしれない(言い過ぎ?!)まるで、韓国ドラマのようだ。
 映画の内容は以下のリンクサイトで見て頂くとして、人の命とは一体どのくらい重いのだろう。人間の中には、歴史上の人物になったり、120歳まで生きたり、生まれてすぐに死んでしまう赤ちゃんまでいる。ダッカ事件で福田赳夫は「人命は地球より重い」と言ったのだけど、これらのことをよく考えてみると、人間であるだけでは命なんて軽いものだと思わないか?その人がいかに行動していくかで重みが増すものではないのか。自分もはっきりとは言えないが、だからこそ皆さんの意見を伺いたい。

「私は貝になりたい」
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8207/kai.htm
このページのトップへ
06/14(Tue)

Day7―漢・魏晋南北朝・唐

200506142230000.jpg

<練馬区保谷駅前>

 漢字嫌いですかー。確かに難しいけど、カタカナの伸ばす記号の有無とかよりはマシなのでは?まぁ、これぐらいは出来といて下さい。逆に言うと、これぐらいやっとけば世界史に関してはドコでも受かります。

―これは詭弁でなく、本心である。それくらい教材作成には手をかけているのだから・・・(泣、疲)
このページのトップへ
06/13(Mon)

ヤバいよねー。

AM9:00
(あぁー、眠い。6時に起きるつもりが…いつの間にか9時。なっ、なぜ?? でも、眠いなぁ。どうせ2時からしかないから、寝ちゃえ…Zzz)

PM2:15
(やっぱ、2時間ぐらいじゃ、まともな論理構成、出来ないよなぁ。こりゃ、次の時間内職だな…。)

PM8:30
「さぁ、やっと各学校とも中間テストも終わり、これからまともに宿題チェックをしていきますよ~。これまでかなりいい加減にして来ましたが、ちゃんと宿題をやらせろという催促がかなりあるので…。えっ?来週から、○×中学が、もう、期末試験対策だって?なっ、なに~!んなっ、いつまでたっても全員合わないじゃん!あぁー困った、いやっ、とっ、とりあえず来週は絶対見ます。あー、見ますよ見ますよ。ったく…。」

PM11:59
(11時に家着くようじゃ、レポートちっとも出来やしないやないか。明日1日で出来るかなぁ?厳しいかも…(汗))

AM0:20
(かけようか、かけまいか。あぁー、悩ましい…。)

AM0:47
(えっー、送られてないじゃん!そりゃ、送らないと返ってこないよ・・・。)
このページのトップへ
06/12(Sun)

Today is Sunday.

200506111720000.jpg


 本来、日曜は3時間半の集団があるのだけど、今日は校外模試のおかげで、ない。代わりに、中間前の中学生の個別やってた。教えた科目は、理科の化学分野と数学。オレが文系って知ってるのかなぁ。まぁ、簡単だったけどね。
 上の写真は、この校舎のエレベーターの監視カメラです。こういう塾では、エレベーターが子供のおもちゃになることがよくあるのだが、その姿が管理会社の方でプリントアウトされて貼り付けられて恥をかくだけなので止めましょう。また、このエレベーターは古いので、そんなことしてると壊れて落ちてしまいます。去年の2月頃、東大マスターコース新宿校でもいたずら様子が貼り付けられていたけど、相当人に迷惑かけるし、プリントアウトされたその姿はかなりかっこ悪いので…。
このページのトップへ
06/11(Sat)

こんなことがありました。

20050612013123.jpg

<東陽町駅前交差点(江東区)>

 土曜の移動講師である私は、2校舎の仕事を抱え、一週間で最もハードである。当然、午前中の大学ではスーツ姿でいるのだけど、校内で通り過ぎたある友達にあいさつすると、一緒にいた1学年下の女の子が「しゃ、社会人!!」と言っていた。もし、オレが浪人して入ってたら同学年かもしれないのに。平和だなぁ。
 このようなことは、今日に限ったことではなく、ここ1年、よく言われてることである。まぁ、教えている生徒からはそう思われていないと困るのだけれど、渋谷辺りを自転車で上っているときに職質してくる警察官からは100%「お仕事からお帰りですか?」と聞かれてしまう。そこで、「そんなにふけて見えますか?」と聞くと、そういう訳ではないらしい。
 確かに、学生らしい生活してないから、素行が自然とそんな風になっているのだろうか?いいのやら、わるいのやら??(--;)

 
このページのトップへ
前のページへ ホーム 次のページへ