FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
12/31(Sat)

総括

 今日は、久々、17日(土)以来のバイトがない日です。いいですね。しかし、かなり疲れているようで、さらに情報によると、ディズニーランドはかなり込んでいるようで、行くのをやめました。だから2人でおとなしくすごすことにしました。
 朝、なかなか起きられずに、また寝込んでしまいました。2時間ぐらいして目を覚ますと、眠気がすっかりとれましたが、彼女がいない! ひとすら名前を叫び、返事がありません。眠っている私に起こったのか帰ってしまったのか。ケイタイを見てみると、起きたら連絡して、だって。どうやら辺りを散歩していたようです。
 夜までずっとぐうたら過ごしました。お風呂のくもったガラスに漢字を書いて、彼女に昨日あった出来事を挙げつつ中国語を教えました。かなり真面目に頑張ってます。挙がってからも、本を挙げるとCDを聞きながら勉強してた。まず間違いなく私より才能あります。なんか発音がいいぞ。
 夕方、家を出て、ご飯を食べて、別れました。適当に選んだ店だけれど、まぁまぁ良かったみたい。

 さて、大晦日。2005年最後の日です。この一年を総括してみましょう。



<良し悪しグラフ>

去12月>模試でA判を維持。数学ではover9割を叩き出し、志望学類全国1位。勝利は確実かと思われた。
1月20日頃>英語で大失態を犯し、センター試験で9割行かず。後期は足切の危機に晒される。
2月>過去問を解きまくり再び自信が向上するも、本試で数学をミスる。延長戦突入をも視野に入れる。
3月10日>2年間の長い長い戦争に敗北し、無条件降伏。結局、近くて遠かったものだったのだ。
3月末頃>好条件の仕事を次々と獲得。
4月6日>我が家に不幸が訪れる。
5月>ひたすら耐える。働きまくる。すると奇跡が起きる。
6月>3年の呪縛から解き放たれる。
7月5日>あららからら。
7月20日頃>新宿パーティー。皆さんに元気をもらう。
8月お盆>諸国巡礼の旅。各地でみんなに励まされる。
9月>そう、このとき、一線を越える
10月27日>この日から始まった
11月>宇田川ゼミで遊びほうける
12月14日>必死の懇願ともう一つの別れ
12月31日>私はとっても幸せです☆

 今年は前半は、本当に苦難の連続でした。人生最大の危機でした。
 しかし、私を3年間拘束していた像が消え、またそれは私に悲しみをもたらしましたが、現在では些細な過去の出来事で、出会いと別れを繰り返し、ようやく一番の大切なものを発見できました。
 なにはともあれ、良いことも悪いことも充実した一年でした。

 それでは、黙想!!(笑)
スポンサーサイト
このページのトップへ
12/30(Fri)

本年、最後の一番です。

 昨日で今年度の世界史は終わっていて、今日だけ一日中笹塚である。ただ、昨日に加え、また中3のハイレべル数学や高2のハイレベル英語などが加わってしまった。ぷぅ。
 ただ、今日の授業の方は十分な準備がないものの、多くは、なかなかうまく言ってるんじゃないか。特に、夜の高2英語は、自分が分からない人の気持ちが分かるのか、なかなか好評らしい。レギュラーでやってみようかな。いやいや(^^;)
 まぁ、無難に終わりました。

 今日は早めに切り上げ(と言っても23:00)、昨日サイフを忘れた店に行った。昨日とは違った中国人女店員の2人で、サイフと引き換えに連絡先と名前を書かせた。なんか自分でも惚れ惚れするぐらい自分の名前がきれいな字でかけたのだが、しばらく経って奥から、

「Heye Aiyilang(私の名前の中国語読み)」

って聞こえてきた。こちらが中国語わかんないと思ってるのか、珍しいねぇ、みたいなことを言っていたようだ。
 帰るとき、ティッシュに、

「我叫××.你是中国人吗?」
(私の名前は××です。あなたは中国人ですか?)

と書いて、店を出て、裏に回って店員の様子を見ていたら、
 目が点になっていた(笑
このページのトップへ
12/29(Thu)

ゲゲゲ

 今日から笹塚でタームが変更。だからと言って楽になるわけではないのだが、昨日のまで分に加え、都立対策の社会が加わる。どうやって、歴史を2日2時間で終えるのやら(汗)
 また夕方からは高2数学から高2英語へ変化。同じ校舎で英数ともに、(個別ならともかく)しかも集団で教えるのも相当珍しいだろう。ってか、中学高校でオレを知ってる先生や友達が、オレが高校生に英語を教えているなんて聞いたら、まず信じないのではないだろうか。いよいよ、高校範囲でも英数理社公まで経験してしまったのだ。
 今日も、テキスト作成で終わったのが24:00のちょっと前。しかも、帰り途中に寄ったレストランで財布を置きっぱなしに。
 帰ってから急いで電話すると、片言の韓国人か中国人が出てきて、財布ないかと聞くと・・・

Clerk>「サイフ、・・・ぁ、アリマシタ」
あ>「あ、そうですかありがとうございます。」
Clerk>「・・・・」
あ>「・・・。えっと、明日取り行くのでよろしくお願いいたします。」
Clerk>「ぁ、ワカリマシタ。・・・・。」
あ>「一応、電話番号と名前を言っておいたほうがいいのですかね?」
Clerk>「ソウデスネ。・・・。」
あ>「電話番号は090-1085-XXXXで、」
Clerk>「ハイ。」
あ>「名前は(自分の名前)です。」
Clerk>「(自分の名前)デス。」
あ>「?!?!?!?!」

 大丈夫かなぁ・・・
このページのトップへ
12/28(Wed)

やばひ


 今日は一番のハードスケジュール。3:50に定刻と同時に保谷の世界史の授業を終えて、4:40までに笹塚まで移動しなくてはならない。一本でも電車に乗り遅れたら、即、遅刻である。
 教室に帰る準備をしてバックなど荷物を移動し、終了と同時に、教室を出て、駅へ移動。4分間走り続け、電車に飛び乗る。何とかなったようだ。
 そんな感じでもう2回乗り換えをした後、授業開始と同時に、次の校舎に到着。荷物をそのまま持って、教室に入場。ハードだよなぁ。
 今日は、次の日からの教材作成のため、日付が超えたぐらいまで残っていたけれど、とうとう終わりませんでした。ああ!どうしよう。
 その後、新宿で山手線を待っていると、忘年会の帰りなのか莫大の人が・・・。こんな量は始めてだ。一年前は毎日、新宿に夜遅くまでいたけれど、去年もこんなに多くなかったはず。景気回復か?
 ただでさえ人が多いのに、電車が来ない。つまり、人がホームから排出されない。ホームにさえも行けずに階段で並んでいる人さえいるぐらいである。どうやら、渋谷で人が多すぎて、電車が動けないモヨウ。電車が動けないなら、ますます人が多くなるだろうと思った。私が到着して20分ぐらい経つと、ようやく山手線外周りが到着。昔の埼京線をも越えるだろう寿司締めの状態で、1分ぐらいかかってドアがようやく閉まる。と思えば、なんと言うことか!その状態で、「緊急無線を受信しました。しばらくお待ちください」「ただいま代々木駅で人が線路内に立ち入った模様です。このため電車を見合わせております」というアナウンスが流され、苦しい中全然動けない。私の隣では、か弱いおばあさんが、人間の圧力で死にそうな顔をしている!!まさにサバイバルである。しばらくたつと待ちに待ってようやく出発となった。2駅先の高田馬場の到着したときには、新宿駅についてからなんと1時間も経っていた・・・。そして、馬場歩きして、26:00前に自宅に到着。実に疲れた。
このページのトップへ
12/27(Tue)

やっちゃった


 午前中、西武池袋線経由で帰ってくると、今日も自転車で来てくれた。しかし、そんなに長く一緒にいられるわけがなく、生まれて初めて2人乗り運転をして早稲田駅に送った後、そのまま彼女の自転車で本日2校舎目へ移動。だが、以前私が乗っていたママチャリに比べて、馬力が出ず、久しぶりにマジになって漕いでしまった。
 昨日の仕事に小学5年の受験算数が2時間分加わる。この校舎で小学生をまともに教えるのは始めてであったけれど、まぁまぁうまくやれただろう。
 家に帰ってからまた長電話。何日間、何時間もしてるのだろう。料金通知見て絶句!とかなっちゃったりして・・・。
このページのトップへ
12/26(Mon)

決戦の5日間始まる


 7:40に起床、すぐに着替えて、朝ごはんも食べず、出発。高田馬場まで自転車で移動し、山手線に飛び乗る。池袋で西武新宿線に乗り変え、西東京市のある駅で降り、9:00から受験世界史の授業開始。11:00に終了し事務作業を終えて、いったん自宅へ。教材などを作成した後、笹塚へ移動。16:40頃から上智の英語対策の個別をした後に、夕方から22:00まで、高2数学を指導。22:30まで校舎に残り、翌日の用意。24:00過ぎに自宅に到着すると、友達がやってくる。世間話をしていると、彼女から電話がかかる。「会いたい」って。こいつ、ホント、かわいいこと言いやがって(*T▽T*) 他人にとっては顔が赤くなるようなラヴメッセージを延々と交わしていると、友人が寝始め、まだしゃべってるとまた起きて、あきれて帰ってしまった。27:00ぐらいにようやく電話を終えることにし、就寝。そんな毎日。
このページのトップへ
12/25(Sun)

クリスマス


 ところで「クリスマス」と「クリスマス・イヴ」の違いは何ですかね?特に、イブは恋人と一緒に過ごすのは分かってるけれど、「クリスマス」の方は別にそういう訳ではないのか?そんなことをこれまで考えていました。昨日、彼女が予定がなくなると分かっていれば、私も空けていたのだけれどね。残念(><)
 さて、デートの前日は早く寝なくてはいけませんが、夜更かししてしまいました。結果、起きたらすでに待ち合わせ時間・・・・ごめんm(_ _;)m
 また、今日も家に来てもらうこととなってしまった。一風堂という博多ラーメン屋が近くにあるのだが、そこに連れてってあげると、とてもおいしかったそうで、良かった。そのあとBIG BOXに行って、別れました。次はちゃんとプランを考えておこう。
このページのトップへ
12/24(Sat)

10分だけのメリークリスマス



<新宿西口>

 冬期講習はや5日目。教材作成に相変わらず追われるが、キリのいいところで切り上げ、17:00、自転車で池袋に出発。サンシャインに向かう。
 神田川北岸の坂を乗り越え、北池袋へ。なんとか到着し、一番奥のナンジャタウンの近くの道路に自転車を放置して、2Fへ走り、ナンジャタウンに入場料だけ払って侵入。クリスマス・イヴのカップルだらけの人込みをかわし、3Fへ。そこの特設会場で販売されているケーキとデザートをさがす。たまごのデザートはすぐに発見できたが、ケーキがなかなか見つからない。たぶんこれこれかな。あ、これだ。でも、かなり大きいなぁ。一人で絶対に食えないよなぁ。まぁ、いいや。急いで購入し、2Fへ戻って脱出。なんと入ってから9分しかたってない。こんなに短時間でテーマパークを出るヤツもそうはいないだろう。
 しかし、時間はすでに17:30。今日の仕事は18:30開始である。西武池袋の近くで自転車をまた置いて。駅へ直行。西武百貨店のディズニーストアで、大晦日に行くディズニーランドのチケットも買おうと思っていたが、時間が微妙だし、彼女がもしかしたらかなり行っていて飽きているかもしれないと思ったから、やめておいた。
 十分間に合ったが、いつもこの授業は受験学年ということもあって、延長や追試をやりまくっているのだけれど、追試は他の先生にお任せするとして、史上初めてか、定刻どおりに授業を終え、校舎を出る。
 ドライアイス(も要らないぐらいこの日は寒かったが)に包まれたケーキが崩れないように、再び池袋まで持って行き、自転車に乗って、そこから新宿へ向かう。かなり寒い。手袋をしていても手が凍えそう。いつもなら明治通りを通るのが妥当だが、面白くないので、以前彼女と一緒に走った山手通りで向かうことにした。
 ケーキを乱暴には扱えないのでゆっくり歩道で走っていたら、一時間近くかかってしまった。電話で家の近くの公園に呼び出す。突然の話で驚きながらもやってきてくれた。こんなに寒いのに。後ろからプレゼントをあげると、とても喜んでいた。かなり寒かったけど、やって良かった。

 「メリークリスマス!☆\(^▽^*)♪」
このページのトップへ
12/23(Fri)

大学受験


 今日、また新しい仕事の紹介がありました。歩合は大して凄い訳じゃないけれど、いままで私がやってきたものが反映されそうで、やりがいがありそうです。
 あ、そうそう、今年は手遅れですが、来年度以降に大学受験する人にはチェックすべき情報です。先ほど、5代目くんと話していたのですが、どうやら6代目が上智の心理学科に受かった自己推薦では倍率がたったの2倍だったなんだとは!一般入試は10倍くらい倍率があるのにそんなことあっていいのかと思うが、相当、穴場ですね。その意味ではかなり賢い選択と言えるでしょう。

そう、5代目くんはこんなことも言ってました・・・

>しかも、英検準1級が必要な法学部と違い、2級でいいようです。本人の言う通り超「穴場」ですね。

>不器用に受験しているのは、生徒会関係では僕くらいでしょうか・・。

>白○さんも○介も、上手に受験を切り抜けましたからね。
それにひきかえ、僕はもはや倍率10倍の一般入試しかない…。

 
 頑張れ!
このページのトップへ
12/22(Thu)

市田ゼミ


※更新が遅れて申し訳ありません

 今日、午後8時から、市田ゼミの忘年会があった。場所は、先週行ったばかりの以心伝・・・・。忘年会シーズンで大変込んでいた。
 この場で、Nちゃんから質問があったブランド品の経済効果について、市田先生に聞くことを約束していたのに、彼はなぜかハイテンションで、ゼミ生のお皿に唐辛子をふりかけ飲ませ、何本も殻にしていた(汗 さらに彼は、その後、延々と恋バナに走り、結局できず。
 このゼミの2期生になるのは私を含めてもなんと今の時点で2人しかいないのだけれど、その相方(?)の子とは今までほとんど話をしなかったけれど、この日はまぁまぁお話できた。彼女は私より2才年上なので、おそらく来年度、このゼミでは私が最年少になってしまうのだけれど、この子を含めてどうやら弟扱いされているモヨウ。ううう・・・

市田ゼミ
http://www.okojo.com/ichidasemi/

このページのトップへ
ホーム 次のページへ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。