FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
09/30(Wed)

西日本横断2009(4)




韓国(釜山・慶州)2009のつづき



写真:
http://picasaweb.google.co.jp/aiichirokohno/200903#

【8月20日(木)松山】

この日から最後までは、内定者4名による旅行である。

朝5時に松山観光港に到着。以前ならそのまま、まともな時刻になるまで船内で寝ることができるのだが、なぜか追い出されてしまうことになったようだ。朝5時に四国の片田舎で列車が走っているわけがないと思ったが、寮生だった頃にはなかった市街への早朝バスができていた。しかも、観光港少し南に行ったところに山を越えるトンネルもできていたので、市街まで出る時間がかなり短くなっていたように感じた。

いろいろ回って、5時50分くらいに道後温泉駅に到着。当たりは昔、松山に住んでたときと比べて、かなりきれいになっている。ちなみに6時から道後温泉本館が開くので、すでにそんな朝は早くから人が並んでいた。

最初に道後に来た目的は、その日に泊まるホテルに荷物を置くためである。「道後プリンスホテル」というところだが、場所が道後の中心地から外れたところにある。重い荷物を引きずって行ってみると、しばらくしてホテルの建物が見え始めた。う~ん、怪しい感じだ。着いた。外観はかなり古くさい。値段が高いので期待していたが、これはまずそうだ。

相場からしておかしいと思ったので、早速、予約した子に連絡すると、キャンセル料が発生する模様。うーん、中はまともだと期待しよう。

そのあと、大街道という商店街に移動。理由は「霧の森大福」という私が日本で一番おいしいと信じるお菓子を買うためである。総理への土産にもされていた。この菓子は日本で愛媛県の3カ所でしか売っていない。通信販売もされていない。あまりにもおいしいので、霧の森大福の店に寄ることが観光ツアーに組み込まれている場合もあるほどだ。しかし、生産量が少ないので、すぐ売り切れてしまう。

きれいになったロープウェー街にある店まで行くと10時開店と書かれていた。それを確認し、そのときまでネットカフェで時間をつぶす。そして、30分前に店に行くとすでにかなりの行列。や、やばい、この大福のために東京から来たのに、買えないなんて絶対嫌だ!と思いつつ、待つこと1時間、レジまで到着し、ギリギリ大福にありつけた。大福は1人3箱までしか買えないのだが、とあるお菓子大好きっ子にゆうパックで店から送る。

そのあと、大街道・銀天街を徘徊。いい店が増えた気もするが、大街道はいいものの銀天街がやや寂れている気がした。床がなぜかアスファルトになっていた。工事中か?

昼近くになって、高知から来た1名と神戸から来た1名と次々合流。再びロープウェー街に行き、大福屋の向かいにあるカフェで食事。その時間にはすでに大福は売り切れていたが、そのカフェではいくつか取り置きがあって、単品で食うことができる。うまい、うまい。実は私はこの大福をこれまで、7箱買って来たが人にあげてばっかりであり、自分で大福を食べるのは国会で出会って以来、このときが2個目である。

そのあと、2人は松山城へ。その間、私は平和通りに出て、タクシーで母校である愛光学園に向かった。目的はとある商談である。平和通りも道後温泉街やロープウェー街と同様、電柱が地中に埋められるなどして、きれいになっていた。15分ほどで愛光に到着。松山は狭い。

愛光はこの日から後期夏期補習が始まっていた。ちなみに校舎も耐震強化のためか補修中である。いろいろ回って、私の最後の担任だった加川という現教頭に会った。昔からかなりの自信家だったが、その自信度はさらに2倍にも3倍にもなっており、(冗談ではなく)2~3時間もずっと自慢話が展開された。ある意味、かなり驚いてしまった。ちなみに商談は失敗した。

あまりにも時間がかかってしまったので、他の2人が愛光まで迎えに来てしまっていた。彼女らと移動して、道後温泉に行く。道後温泉本館は周りが整備されたせいか、昔より立派な建物に見える気がする。中に入ってみても立派である。

今回は玉の湯2階席。これで、道後温泉の4種類「霊の湯三階個室、霊の湯二階席、神の湯二階席、神の湯階下」は道後温泉12年目にして、全て制覇してしまった。本来70分で出ないと行けないはずだが、残り2人が恐ろしくのんびりしていたので2時間くらいいてしまったと思われる。

夕食は道後温泉本館のそばの和食屋(居酒屋)。あんな良い場所にあるのに郷土料理がおいしく、しかも安いということでお得である。

ところで、道後プリンスは中に入ってみると外観とは違って、内装はきれいだった。だと、あの値段は仕方がない。ただ、明らかに使われていないフロアーがいくつかあり、昔からある温泉地の影の部分が見れた気がした。

スポンサーサイト
このページのトップへ
09/30(Wed)

韓国(釜山・慶州)2009




8月の西日本横断2009(3)の続き




写真:
http://picasaweb.google.co.jp/aiichirokohno/200904#


【8月17日(月)北九州→博多→釜山→慶州】



朝6時前に起きて、7時前には電車に乗る。8時過ぎに博多に着き、出国審査を経て、9時半に高速船で釜山へ出発。

飛行機と違って、携帯の電源は切らなくてもOK.陸から結構離れた海の上では電波が届かないのではないかと思ったが、3時間の後悔のうち出発から2時間は携帯を使うことができた。ちなみにイーモバイルも意外と使うことができた。

釜山の旅客ターミナルに着くとすぐに昼食。プルコギという韓国風すき焼きである。相変わらず韓国人の店員は無愛想だが、なかなかうまい。隣の席には広島人の夫婦がいた。

それからワゴン車に乗って、高速で慶州に移動。ちなみに韓国は日本と逆で右側走行である。慶州は新羅の首都であったところで、釜山から100km離れている。

高速沿いからは高層マンションが数多く見える。異様に高く見えるが、だいぶ前に作られた古いものも多い。逆に一軒家は少ない。

慶州について、最初に古墳?を見る。ちゃちぃが有名らしく、ユネスコ世界遺産にもなっているらしい。

次に日本の世界史でも出てくる高麗青磁の工場に行く。うんうん、高い。

夕食は韓定食。韓国の郷土料理みたいなやつ。残念ながら、私の口には合わなかったようだ。

夜はヒルトンホテル。温泉付きである。パックツアーのおかげで、こんな安くていいのかと思うような値段でした。


【8月18日(火)慶州→釜山】

朝はバイキング。これまで食べた韓国のホテルのバイキングの中で最もうまいものだった(ソウルのロッテホテルよりもいい)。しかし、おかげで食べ過ぎてしまった。

午前中は、再び、慶州の世界遺産を廻る。最初は、石窟庵というところ。石像の仏像が山奥で標高もある洞窟の中にあるのである。残念ながら写真は撮ってはならない。

もう1ヶ所は仏国寺である。これも高麗青磁と同様、日本の世界史でやるもの。実はこの寺は、2年前の11月にも来たことがある。しかし、そのときは着いたときにはすでに閉門しており中に入ることはできなかった。お土産店やバス停など、周りの景色は太陽の位置と空の色以外、2年前と全く変わってなかった。境内は大した感じではないのだが、建立されたのがかなり古いので世界的に有名になっているようだ。

慶州はアメジストという宝石?天然石?の産地で有名らしく、その工場にも行った。工場と言いつつ販売がメインだったが、相場が分からないので高いか安いか分からない。ただ、似ているものが九州の阿蘇山でいっぱい転がっているので、わざわざ買わなくてもいいような気がする。実家にもいっぱいあるはずだ。

そこから、再び高速ワゴンに乗って、釜山に戻る。釜山に戻って、釜山港の魚市場に行った。整備されており、韓国にしては衛生的に感じた。置いている魚介類は日本でも見るやつがほとんどだが、1つだけ、日本でも見ないようなものがあった。直径3cmくらいある巨大なミミズみたいなやつである(詳しくは写真参照)。

その後、釜山タワーがある山公園に行く。あの李舜臣の像が日本の方向を向いている。同じような像はソウルなど韓国各地ににもある。公園には老人が多くいたが、どういうことか女性は全くいない。韓国人は男性老人だけがたむろしている。ソウルも以前そういう光景を見たので、韓国はそういう文化なんだろう。釜山タワーでは港を含めて釜山を一望できる。釜山は人口300万人の巨大都市だが、市街地が続いている訳ではなく、平野が少なく山がちであり、まだ緑のところが多い。港は日本では東京以外では見られないくらいかなり大きい。船も貨物も多い。しかし、そこから見えるのは釜山旧港だけであり、釜山港は釜山新港もある(ちなみにそちらは昨年7月に行った)。

その後、海雲台という海岸リゾート地にある焼き肉屋で夕食。韓国焼き肉と日本の焼き肉の微妙な味の違いは何なのだろうか?ちなみにその焼き肉屋は、2年前に泊まった温泉の上にあった。韓国はもはや行き過ぎだ。

夕食のあと、海雲台の海岸を歩く。夜なのに異様に人が多い。ネオンで明るいせいもあるかもしれないが、日本では夜に海岸にこんなに人はいないと思われる。微妙に時間があったので、地下鉄に行って繁華街に行ったが、ソウルと違って、市街地が分散しており、移動に時間がかかってしまった。しソウルだと、大抵の行くべきところはすぐに移動できるのに。

夜はグランドホテルというところ。ここもいいとこなのだが、慶州ヒルトンよりも多少サービスが悪く、多少高かった。


【8月19日(水)釜山→博多→小倉】

午前中は釜山観光。また寺に行く。仏国寺や石窟庵のときもあったが、韓国の寺には瓦に願い事を書く習慣があるようだ。その瓦は実際に寺の屋根に使用する。仏堂には、おばさんがたくさんいた。みな片手には息子・娘の受験票を持っている。韓国は日本以上に受験戦争と学歴社会が激しいので、毎日のように親がお祈りをするらしい。

そのあと、お土産屋に行く、定番の韓国海苔や酒を大量購入。酒は買いすぎると税関にひっかかるので注意。

昼すぎの便で、釜山港を発ち、博多港に着く。博多から、小倉駅経由で、こんどは小倉港に行く。小倉駅北口にはいわゆる箱モノがいっぱいあり、しかもちょっと寂れていた感じだった。

松山行きの関西汽船に乗って、夜10時前に出発。この船の風呂はいつも混んでいるはずだが、今回はなぜか空いていた。関門海峡を通って伊予灘に出たあと、沖合から私の好きな北九州空港を見ようと試みたが、結構、距離があって、光しか見えなかった。

このページのトップへ
09/30(Wed)

西日本横断2009(3)




8月の西日本横断の続き


写真:
http://picasaweb.google.co.jp/aiichirokohno/200903#

【8月13日(木)岡山→北九州】

岡山のホテルで朝、起きる。朝食がバイキングと聞いていたけど、バイキングとは言えない代物であった。

昨日、一緒に回っていた子を岡山駅まで見送ることにした。

岡山駅周辺は思いの他きれいに整備されていた。駅前広場には、東京であれば踏み潰されてぐちゃぐちゃになりそうな埋め込み式の花壇や大量の鳩を従えている桃太郎の像があった。

四国行きのマリンライナーまで見届けた後、そのまま駅ビルで岡大医学部に行っている中学・高校の同級生と会った。

彼とは4年前?に姫路で会って以来だったが、あまり変わってはいなかった。

話は、基本的には、自分たちの同期がどうなったのかという話だった。彼と私は、関西で医学部、東京で文系と生活圏が全然違っていたのでお互い知っている情報が全然違っていた。医学部の人はストレートであれば、すでに6年生であり、国家試験や就職先を決める“マッチング”とか、私の環境では滅多に聞けない話をしてくれた。

昼1時過ぎになったころ、加古川から両親が乗った車がやってきたので、その同級生と別れ、北九州に向かうことになった。


車の中ではネコ2匹と遊んだ。1匹はおとなしく、もう1匹は凶暴。おとなしい方を膝に乗せていると、毛が舞いやすい品種らしく、しばらくすると車内が毛だらけになった。

夜には北九州に到着した。私は温泉好きなので、一人で近くの温泉に行き、くつろいだ。

このページのトップへ
ホーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。