FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

02/09(Thu)

Feel Venture




 昨日の続き。ファミレスには私だけ残って、夜中3時半からサブゼミの用意。経済学なんだけど、今までまったく手をつけていなかった(←寝てる間にやっとけよ)から、追い詰められているのだ。結局、9時までかかってある程度終えて、自転車で世田谷から早稲田へ戻る。
 10時半、新学でゼミ開始。が、遅刻・・・。しかも、私はあまり新学は利用しない(←施設費損?!)ので、迷う。ううう。あぁ、みなさん、御免なさい(泣)
 その後、また自転車で代々木オリンピックセンターへ移動して、ヴェンチャー企業や学生起業についての研修会に参加。主催者は、以前、宇田川ゼミにゲストとして招いた手島くん。私は、将来、起業したりサラリーマンになる気なんてさらさらないけれど、友人のイベントだからってことで行くのだ。
 1部は、学生起業家3名(4人目はどちらへ?)によるパネルディスカッション。おのおの面白い人物意あったと思われる。言ってることがおかしい人もいたように思われるけれど、話の仕方としてはまぁまぁ。我々も見習わなくては。
 2部は、慶応との産学連携によるヴェンチャー企業の社長による講演会。非常に参考になりそうな匂いがぷんぷんしていたけれど、徹夜の私には話を聞くだけの気力はもはや地に着いており、うとうとしてしまった。仕方ないよ。。
 3部は、10社ぐらいのヴェンチャー企業によるインターン説明会。これは、興味がないので、眠いし、そろそろ帰るとするかというとき、46期の同級生が二人いて、卒業から2年振りにいろいろと話した。どうやら、その二人のうち少なくとも一人は、私と同じように塾や予備校で働いているらしく、サークルもやりつつ、同じくらい稼いでいる模様。そう、これだ。私ももっとがんばんないと。
 で、結局、私の友人が企画運営したこのイベントはどうだったのか。私は、同じく彼が企画した早稲田キャンプ(今年もやるらしい)を知っているので、言えるが、よくこれだけの人、しかも熱心な人ばかり集めきれたなぁ、と感激してしまった。さらに、来てくれた企業も
多数有り、かなり質の高い会合であったと思われる。これは、将来性大ですぞ。
 だが、この素晴らしいイベントに参加して、私は一部で違和感を持ったことがある。このイベントで講演していた学生起業家の一部や、このイベントに限らず他の例でも聞くけれど、こういう方がいらっしゃる。留年していることを、さも自慢げに平気でしながらも、企業やインターンに勤しむ人たちである。一見、将来や夢に向かって頑張っているのだナァ、と思えてしまいそうだが、莫大な授業料を払いつつも、結局は忙しくて大学に行く暇がなく、留年を重ねる。これは、おかしくないか?おそらく、大学で学ぶことよりも、実業で学んだほうがより自分のためになると思っているのだろう。それは、否定しないし、むしろ私も、現在の日本の大学教育の現状を見れば、その意見に賛成だ。では、そう思うのなら、なぜ、彼らは大学を辞めないのだ?金の問題は些細なことに過ぎない。そんなものは自分で稼げば問題ないのであるが、在学限度内に再び戻って、卒業を目指す気なのだろうか?これは、学校に優先して、仕事に走った行いと矛盾しているではないか。しかも、進行ビジネス産業であるヴェンチャービジネスは、学歴と無縁な実力社会のはず。ヴェンチャーを立ち上げる起業家の多くは、なにか明確なビジネスプランが第一にあったような人ではなく、とにかく、学歴社会に固執し実力主義とはかけ離れた旧態依然の大企業中心ビジネス界に嫌気が指して起業しようと思った人であるはず。そう思ってるはずなのに、未だ学歴社会にすがりたい気持ちがおありなのだろうか?謎だ。おそらく、そんな中途半端なことをする人は、自分にしっかりとした自信を持っていない人なのだろう。だが、だったら、大口を叩くな、と言いたい。ちゃんと筋を通しその上で偉大な夢を抱くなら、納得ができるし、応援してあげたいと思うのだ。
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ