FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

04/27(Thu)

自分も変われば、周りも変わる。


 あの出会いから、5回目の春がやってきた。私にとって、春という季節は、ここ数年、大きな挫折を受け続けてきた季節だった。そう、周りの世では春でも、自分の心は冬のままだったのだ。しかし、今年はどうやら違うらしい。一体何が変わったのか。この間を振り返る。

 最初の春、つまり4年前、私はなかなか自分の過ちを認めない人間だった。対外的にも、また、自分の中でも、相当、その傾向があったように思える。だが、それなりに自分の力もはっきりと認識でき、やることには自信があったので、その自分の悪いところを直そうとはしなかった。

 次に春が訪れてきた時、人生で最初の大きな挫折を受けた後であったので、自分への自信は薄らいでいた頃であった。しかし、自分の師に煽てられて自分でも頑張らなくてはならないと思い、やがて、吹っ切れて、過剰とも言えなくはない自信の中、再び気力を徐々に取り戻し、とある目標に向かっていった。

 2年前の春は、その目標に破れ、再び、私が挫折で打ちひしがれた後であった。一時期、焦燥感もあったと思うが、自分はこんな人間ではない、と自己分析が自分で出来るようになったのか、自分で自分の道筋を全てつけていくようになり始めた。そして、同じ目標へ再挑戦していくのであった。

 そして、一年前、結局、その目標はかなわず、3回目の挫折の中、ただ、大きな喪失を味わっていた。いったい、この失敗の訳はなんなのか?さっぱり分からない。そうしたなかで、それまでの3年間、私を支配し続けてきた呪縛が解かれることもなく、何か自分の根本を支えていた何かが変わってしまいそうな感じがしていた。新しい環境で、さまよいながらも、遠い最終目標だけは忘れないでおこうとするのが精一杯であった。

 そして、この春。一年で実にいろいろなことがあった(このブログを見れば明らかだ)。そして、その多くの出来事によって、自分も変わってきたみたいだ。例えば、一年前までの自分は、そのときの自分の周りの人達と比べて、自分が6年過ごした出身校の人間の評価がかなり高かったように思えるが、しかし、今、ここで、改めて良く考えてみると、確かにすばらしいやつはいたのだろうが、昔ほど、高いレベルで見なさなくなってきたようだ。その原因は、それだけ、東京に来て出会った人の数が多いということもあるのだろうけれど、落ち着いて自分、そして、人を見ることができるようになったからではないのかな。そう、きっと、視野が広がったのだ。あの仲のいい、(基本的に)男だけの環境の中では、好きなことを何でも言えたが、良くも考えもせず人を一部の観点で見てしまうこともあり、たいして聞く耳を持つこともなったのではないか。それが、しばらく固定化されてしまった。だが、いろんな世界と接するうちに、そういうわけにも行かなくなった。悪く言えば、いつも気を使っていなくてはいけないということだけれど、落ち着いて考える時間が与えられるとすれば、むしろそっちのがいい。謙虚な視線をいつまでも持っていたいものだ。そして、ぜひ、他の人にも持ってもらい、妥当な評価ならば、聞く耳を互いにもって行きたい。おぉ?!誰かと似たようなこと言ってるぞ??何かされないかなぁ、、自分(笑)

 さぁ、言いたいことは晴れた。ゼミのプレゼンを仕上げるぞ!☆\(^▽^*)♪
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ