FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

09/30(Wed)

韓国(釜山・慶州)2009




8月の西日本横断2009(3)の続き




写真:
http://picasaweb.google.co.jp/aiichirokohno/200904#


【8月17日(月)北九州→博多→釜山→慶州】



朝6時前に起きて、7時前には電車に乗る。8時過ぎに博多に着き、出国審査を経て、9時半に高速船で釜山へ出発。

飛行機と違って、携帯の電源は切らなくてもOK.陸から結構離れた海の上では電波が届かないのではないかと思ったが、3時間の後悔のうち出発から2時間は携帯を使うことができた。ちなみにイーモバイルも意外と使うことができた。

釜山の旅客ターミナルに着くとすぐに昼食。プルコギという韓国風すき焼きである。相変わらず韓国人の店員は無愛想だが、なかなかうまい。隣の席には広島人の夫婦がいた。

それからワゴン車に乗って、高速で慶州に移動。ちなみに韓国は日本と逆で右側走行である。慶州は新羅の首都であったところで、釜山から100km離れている。

高速沿いからは高層マンションが数多く見える。異様に高く見えるが、だいぶ前に作られた古いものも多い。逆に一軒家は少ない。

慶州について、最初に古墳?を見る。ちゃちぃが有名らしく、ユネスコ世界遺産にもなっているらしい。

次に日本の世界史でも出てくる高麗青磁の工場に行く。うんうん、高い。

夕食は韓定食。韓国の郷土料理みたいなやつ。残念ながら、私の口には合わなかったようだ。

夜はヒルトンホテル。温泉付きである。パックツアーのおかげで、こんな安くていいのかと思うような値段でした。


【8月18日(火)慶州→釜山】

朝はバイキング。これまで食べた韓国のホテルのバイキングの中で最もうまいものだった(ソウルのロッテホテルよりもいい)。しかし、おかげで食べ過ぎてしまった。

午前中は、再び、慶州の世界遺産を廻る。最初は、石窟庵というところ。石像の仏像が山奥で標高もある洞窟の中にあるのである。残念ながら写真は撮ってはならない。

もう1ヶ所は仏国寺である。これも高麗青磁と同様、日本の世界史でやるもの。実はこの寺は、2年前の11月にも来たことがある。しかし、そのときは着いたときにはすでに閉門しており中に入ることはできなかった。お土産店やバス停など、周りの景色は太陽の位置と空の色以外、2年前と全く変わってなかった。境内は大した感じではないのだが、建立されたのがかなり古いので世界的に有名になっているようだ。

慶州はアメジストという宝石?天然石?の産地で有名らしく、その工場にも行った。工場と言いつつ販売がメインだったが、相場が分からないので高いか安いか分からない。ただ、似ているものが九州の阿蘇山でいっぱい転がっているので、わざわざ買わなくてもいいような気がする。実家にもいっぱいあるはずだ。

そこから、再び高速ワゴンに乗って、釜山に戻る。釜山に戻って、釜山港の魚市場に行った。整備されており、韓国にしては衛生的に感じた。置いている魚介類は日本でも見るやつがほとんどだが、1つだけ、日本でも見ないようなものがあった。直径3cmくらいある巨大なミミズみたいなやつである(詳しくは写真参照)。

その後、釜山タワーがある山公園に行く。あの李舜臣の像が日本の方向を向いている。同じような像はソウルなど韓国各地ににもある。公園には老人が多くいたが、どういうことか女性は全くいない。韓国人は男性老人だけがたむろしている。ソウルも以前そういう光景を見たので、韓国はそういう文化なんだろう。釜山タワーでは港を含めて釜山を一望できる。釜山は人口300万人の巨大都市だが、市街地が続いている訳ではなく、平野が少なく山がちであり、まだ緑のところが多い。港は日本では東京以外では見られないくらいかなり大きい。船も貨物も多い。しかし、そこから見えるのは釜山旧港だけであり、釜山港は釜山新港もある(ちなみにそちらは昨年7月に行った)。

その後、海雲台という海岸リゾート地にある焼き肉屋で夕食。韓国焼き肉と日本の焼き肉の微妙な味の違いは何なのだろうか?ちなみにその焼き肉屋は、2年前に泊まった温泉の上にあった。韓国はもはや行き過ぎだ。

夕食のあと、海雲台の海岸を歩く。夜なのに異様に人が多い。ネオンで明るいせいもあるかもしれないが、日本では夜に海岸にこんなに人はいないと思われる。微妙に時間があったので、地下鉄に行って繁華街に行ったが、ソウルと違って、市街地が分散しており、移動に時間がかかってしまった。しソウルだと、大抵の行くべきところはすぐに移動できるのに。

夜はグランドホテルというところ。ここもいいとこなのだが、慶州ヒルトンよりも多少サービスが悪く、多少高かった。


【8月19日(水)釜山→博多→小倉】

午前中は釜山観光。また寺に行く。仏国寺や石窟庵のときもあったが、韓国の寺には瓦に願い事を書く習慣があるようだ。その瓦は実際に寺の屋根に使用する。仏堂には、おばさんがたくさんいた。みな片手には息子・娘の受験票を持っている。韓国は日本以上に受験戦争と学歴社会が激しいので、毎日のように親がお祈りをするらしい。

そのあと、お土産屋に行く、定番の韓国海苔や酒を大量購入。酒は買いすぎると税関にひっかかるので注意。

昼すぎの便で、釜山港を発ち、博多港に着く。博多から、小倉駅経由で、こんどは小倉港に行く。小倉駅北口にはいわゆる箱モノがいっぱいあり、しかもちょっと寂れていた感じだった。

松山行きの関西汽船に乗って、夜10時前に出発。この船の風呂はいつも混んでいるはずだが、今回はなぜか空いていた。関門海峡を通って伊予灘に出たあと、沖合から私の好きな北九州空港を見ようと試みたが、結構、距離があって、光しか見えなかった。

スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ