FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

07/17(Fri)

世にも恐ろしい小学校教育

東京都新宿区立津久戸小学校 堀竹充校長「この夏は、皆既日食という二度と見ることのできない現象も起きる。今しかできないことに一つでも二つでもぜひ挑戦してほしい」とあいさつ

ちょ・・・・・wwww 校長自ら嘘はまずいなぁ。

・二度と見れなくありません。日本でもまた2030年代に見れます。校長先生、あなたは生きてないかもだけど、子供たちは生きてます。まさか、地球滅亡を予言しているとか?(笑)

・今回の皆既日食は東京では見られません。かなた遠く、奄美とか長江流域とかに行かないと見られません。小学生にはそう簡単には挑戦できません。子供たちに妙な希望や夢でつり上げておいてがっかりさせるのはやめましょう。

校長先生、暇なんだから新聞くらい読みましょう。

***********************

「さあ夏休み、そわそわ終業式」

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=901426&media_id=2

<終業式>皆既日食、海水浴、宿題…さあ夏休み 首都圏で

(毎日新聞 - 07月17日 12:43)

 首都圏のほとんどの公立小中学校で17日、1学期の終業式が行われた。

 東京都新宿区立津久戸小学校(堀竹充校長、児童数231人)では、子供たちが夏休みを前にそわそわした表情で登校。堀竹校長が「この夏は、皆既日食という二度と見ることのできない現象も起きる。今しかできないことに一つでも二つでもぜひ挑戦してほしい」とあいさつした。

 教室で通知票を受け取った2年生の尾上朝香さん(7)は「二重丸がたくさんあってうれしい。夏休み中に、一輪車にもっと上手に乗れるように練習したい」と話していた。【市川明代】

スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ