FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

11/24(Thu)

村上ファンド



<村上世彰>

 市田大先生の貿易論に出るため14号館の教室に行くと、B5緑のチラシで村上ファンドの村上世彰がこのあとの5限に来るとのことが書かれていた。5限は政治なんたらとかいうつまらぬ授業があるのだが、こちらの講演会の方がおもしろそうであることは明らかなので、4限が終わって即刻、向かうことにした。
 14号館1階の一般教室でこの講演会は行われるのだが、直前に行ったにも関わらず、ギリギリ満席にはなってなく入ることができた。周りをキョロキョロ(゜-゜)(。_。)(゜-゜)見渡すと、法学部から教育学部までいろいろいるようだ。
 時間になって、政経の教授の挨拶の後、実は前の席に座っていた村上世彰が登場する。予め配布されていたプリントに則して、株式会社に関する本質論を述べ始めた。最初はボソボソと話していたのでイメージとは違った感じであったのだけれども、だんだんと具体例を挙げつつ関西弁が混じりノリに乗ってきて、なかなか話すのがうまいな、と思うようになった。

彼が主張したことをまとめると以下のようになる。

①会社は株主の持ち物
②株主総会は会社の最高決定機関
③取締役は株主の代理人に過ぎない
④そしてこれらのことは、商法によって決められている
⑤このことに反することを主張するならば、言う前に法律を変えるべきだ

 まさにその通りであって、彼個人の人間性を嫌いになるのはあり得るが、どこもおかしなことを言っているわけではないだろう。法治国家の前提に立てば、彼を責めることはできないのでは?と思った。
 話を聞いていて、彼は拝金主義者というよりも、(彼の考えに基づいて)公の尽くしている部分もあるようにも思えた。政治にも関心が高いという意外な部分(元官僚だから当然かもしれないが)もあり、まだ若く、人間的にもおもしろい(と私は思う)ので、これからも注目する価値はあるのではないか。
このページのトップへ
11/01(Tue)

所信表明演説


 なんとか仕事にかける力を自分の勉強と政治の方にかけようかなと思ってる次第です。確かなゆとりが必要ですね。
 あと、やはり、自分の信念を貫くことですね。今回の小泉首相も然り、結局、成功する人は、いかに困難な中でも自分の信念を貫ききった人が成功しています。特に、この世界では。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 予想通り、無難でが気分のいい内閣改造の翌日、商学部はお休みだが、他学部は普通に授業。ナチス研究のゼミのあと、わせださい、わせださい。大学の不融通に憤慨と諦めと再認識を感じ、udauda-familyとともに焼きぞば。やはり量が少なく、実は非常におなかがすいたまま仕事へ。受験が近い高校生に世界史(今日はほとんど進めなかった、泣)を教える。ある八百屋でキャベツ1玉120円。安っす!即購入し、仕事場に持ち込んだが、帰り、あまりにもすいている腹の足しを電車の中で食べようと買いに保谷の西友に寄ると、なんとキャベツ1玉97円!!!やすい、やすい、やすい。しまった。てか、あの八百屋から20mしか離れてないのに、犯罪的やねんな。まさかでした。
このページのトップへ
10/31(Mon)

経済から政治へ


 これから購入し、優先的に読む本

<教科書>
■ミクロ経済学 林敏彦 東洋経済社
■ミクロ経済学問題特訓 TAC出版部
などなど
<文庫>
□国家(上)・(下) プラトン 岩波文庫(青)
□職業としての学問 マックス=ウェーバー 岩波文庫(白)
□職業としての政治 マックス=ウェーバー 岩波文庫(白)
□政治学 アリストテレス 岩波文庫(青)
□方法序説 デカルト 岩波文庫(青)
□精神分析入門 フロイト 岩波文庫(青)
□ハーバード流交渉術(知的生きかた文庫) フィッシャー、ユーリー 三笠書房

もし、これらの本を持っていて譲ってくれたり、(いないと思いますが)古本屋で売ってるのを見つけた人は知らせてくださいm(_ _)m
このページのトップへ
10/25(Tue)

あああ



<東京メトロ・永田町駅>

 120号館でゼミがあった後、家に戻り、今週のプロゼミレポート「エコツーリズム」を作成。3時間半ぐらいかかった後、東西線早稲田駅に乗り込み、永田町へ。永田町駅のホームはかなり深いところにあり、かなり長いエスカレーターが2本ある。いざというときの核シェルターになっているようだ。40分の集合で、3分前に駅に到着。この長いエスカレーターを全力疾走で駆け上るが、出たのはいつもと違う出口。どこかの中央官庁の入口で警官に場所を聞き、やっと正面の交差点に到着。が、赤になるまでが異様に長い。途中で横断してやろうと思ったが、ここでやるのはやばいだろうと思って、我慢がまん。入口で止められたが、所属を言えばスラリと通過(大丈夫か?、汗)し、入口のおねぇさんに説明された部屋に向かって、ドアを開ける。

ところが、誰もいなーい。ドアを閉めて、場所を確認するが間違いない。部屋を右往左往したが、どうしようもないので、売店に行こうと1Fへ向かう。すると、フロントに明らかに(スーツを着ているが)学生軍団がずらり、彼らに違いないと思って、階段で7Fに戻る。どうやら、S先輩が私が遅刻したと思って駅で待っていたようだ。あぁ~ご迷惑かけてすみません(泣)でも、駅で集合なんて聞いてないよ~ケイタイがドコモだったりドメイン指定してたらメーリスは届かないときがあるみたい(><) 今回は有村治子参議院議員と橋本岳(元首相の息子)衆議院議員のパネルディスカッション。どちらも民間出身で、特に有村さんは大学院留学しているので参考になるかなぁって話を聞いてみようと思った。そこで出たのが、この話。




人に聞いたら、実は有名な話らしいが、上の9点を全て通るように直線で4画の一文字書きできるかという問題が出た。何回か書いてみたら、なぞなぞは嫌いだけれど、何回か書き直して完成。なんと、私しか出来ていなかった(まじめにやってたのは自分だけ??!)。有村さんは、留学を通して、枠にとらわれないようなものの考え方を学んだらしい。。それだけなら、私は留学する必要がないような・・・・。まぁ、出る価値はあったと思われる会だったが、仕事があるので、2人の先生を届けた後、急いで駅へ。あらかじめ電話はしておいたのだが、なんとか、授業開始と同時に到着、ビックイベント盛り沢山、慌しい1週間の始まりです。

「エコツーリズム」
http://www001.upp.so-net.ne.jp/pathos-logos/pro9.htm
このページのトップへ
10/10(Mon)

村上世彰



一発屋で終わるんじゃねぇぞ。ウシシ

このページのトップへ
09/23(Fri)

秋分



→http://bestyz.com/
<きみもスーパースター>

 あのね、資料買いに行こうと思ったのね。そして、永田町行ったのさ。あのクソ深い駅。そしてやっとのことで地上でたら、なんか、やけに静かなのね。裏から回って門まで来ると怖い警備員がいて・・・

「今日は休みです」

・・・・

このページのトップへ
09/22(Thu)

秘書かぁ。


~世の中には忘却してしまっておいた方が良いものがある~



<快適♪>

今日はなーんにもない。昼までグッスリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ピンポーン・・・・ピンポーン・・んっ?おかしい??あっ、人が来てるんだ!大変!!
ガチャ。もしもし。
♀「せんぱーい♪」
あ(何だこの楽しそうな声は)
♀「稲穂が閉まってるんで・・・・・・」
あ「ふあぁ~(眠)」

っていうわけで、今日も、ゼミ仲間(♀3♂2)と私の部屋で食事。今日もイスを買って、一人暮らしなのになぜかイスがついに5つに!ただ、またお好み焼き。なんか不思議ちゃんの分量は水気が多いよな。いや、一応うまいし、ありがたいんすよ(汗)今度またお好み焼きをするときがあれば、オレがプロデュースしようかな。どう思われるかやってみたいじゃないか(笑)夕方までそんなことやってると、NSAから秘書の仕事の紹介。早速、S先輩に連絡を取り、話を伺おうとする。彼は糀谷にいるらしい・・・今日も??!毎日、やってんかよっ?!・・・10時過ぎ、連絡があって、近くのサイゼで。いろいろ話を伺うと、やっぱ、もっといい機会を待ってみた方が良いかも。今回は別の人に任せよう。そんな中、Wasedasaiのスタッフがやってきてパンフの討ち合わせを先輩と開始。どうやら、パンフに森前首相を載せて頂くための打ち合わせのようだ。ただ、この先輩は中・高のときの先輩であって、今は同学年になってしまってる(T_T)から、この場にいる3人とも2年生なのに言葉遣いが微妙・・・
世間話、恋愛話、政治の話・・・・と話題が尽きなかった意外にも有意義な一日でした。
このページのトップへ
09/16(Fri)

Tokyo自民党

<稲毛屋>

 衆院選の自民党の比例名簿の場合、1・2位は比例単独候補か比例優遇候補で、3位が小選挙区との重複立候補者、それ以下が名前だけの受かる見込みのない候補なのですが、今回、自民党は圧勝したのでこの見込みのない候補が受かってしまいました。その一人がとあるスーパーのおやじさんです。このスーパーは私の家のまん前にある坂を一分くらい下ったとこにあるのですが、店舗規模は小さいにも拘らず激安で有名で、今日もトマトが10個250円で売ってたりしてました。激戦で勝ち抜いた候補も、この選挙運動なんて一分もしてない候補も、同じ一票の議決権を持つ国会議員。選挙事務所の大変さを知った私にとっては恐ろしい話です。
このページのトップへ
09/06(Tue)

公職選挙法


 最近、ハッキリ言って、特に述べることがない、というよりも述べられないのです。なぜなら・・・


公職選挙法 第146条

何人も、選挙運動の期間中は、著述、演芸等の広告その他いかなる名義をもってするを問わず、第142条《文書図画の頒布》又は第143条《文書図画の掲示》の禁止を免れる行為として、公職の候補者の氏名若しくはシンボルマーク、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者を推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画を頒布し掲示してはならない。
このページのトップへ
09/05(Mon)

法について

 昔、私の中学・高校時代の生徒会の先輩や後輩たちがディベートというものをやってました。これは、ひとつのテーマに対して、賛成側・反対側どちらの立場でも相手を論破出来なくちゃいけないというものです。彼らは全国的にも良い成績を修めていたようで、確かに、このようなディベートができるということは論証力があるということだから、それはそれで結構なのだけれど、私は、賛成か反対かどちらかが正しいと思ったらそっちの側でしかたてませんね。その逆側にたつことは自分に嘘をついているようで、ちょっと無理です。
 似たような話は法廷における弁護士(場合によっては検察)にも当てはまると思いますが、これも同様に、私の感覚ではあり得ない。私の友達には法曹を志すものが多いようですが、私は法曹関係の仕事をやれと言われたらイヤですね。というのは、例えば、弁護士について考えると、仕事によって主張を変えるわけじゃないですか。より良いのはどちらかであるにもかかわらず…。これも考えられない。私には何かの規則や論理などを扱うというよりも、その規則や論理自体を創っていくことの方が向いているようです。

あっそうそう、法律と言えば、Nちゃん、受かった?まぁ、大丈夫だって(笑)
このページのトップへ
前のページへ ホーム 次のページへ