FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

11/12(Sat)

「てしま」と「てらしま」をよく間違えてるけど・・・



<あああ>

 朝11時に起きる。いつの間にかベットにいた。ううう、気持ちわりぃ~。明らかに二日酔いだ。うはっ(××)トイレに行くと、すでに吐き散らかしたあとが・・・・うぇ~ん。先輩によると寝ていた間ずっとうなっていたらしい。ああ、気持ち悪い。二日酔いだけは耐えられない。ううう。私は二日酔いになると何もできない。もがき苦しみがどうしようもない。烏龍茶やコンスープを飲むも効果なし。友達に電話をかけて気を休めようと思っても、効果なし。しまいには寒気が襲ってきた。お風呂に入らないと。先輩に沸かしてもらい、入ってると、3限前に不思議ちゃんが部屋に来る。そういえばいつ帰ったんだ(汗)それも記憶にないや。早めに出て、ベットに横になり、先輩と不思議ちゃんの前でのたうち回る。もうどうしようもない。インフルエンザでひどくなった方がまだましだ。非常に弱気になり、普段、言えない事も言っちゃう。不思議ちゃんが「彼女に来てもらえば?」、というが、忙しい、こんな扱いの悪い病人の看護のために来てもらうのが悪い気がしたが、彼女が来ないのはあり得ないですよ、とまで言ってきた。このままじゃ死んでしまいそうな気がしないこともないので、おとなしくそれに従い、電話をかける。なんとかなるらしい。3時前、大変迷惑をかけてしまった先輩にはお礼とお詫びを言って帰ってもらい、やっと彼女がきた。この頃になると大分ましになって・・・・。彼女が帰る夕方にはまぁまぁ普通になってました(汗)
 しかし、寒気が未だするので、夜に予定されていた早稲田キャンプのスタッフのパーティーを急遽、私の部屋で行ってもらうことにした。申し訳ない。豚塩鍋?とやらの料理で得体の知れなかったがまぁまぁ。炊飯器が相変わらず使えないので土鍋で炊くことにした。この鍋、穴が開いていて、水が漏れていたが、なんとか完璧に炊けた。ゼミ生の会とは違ってなかなか静か。代表頑張れよ・・・・。料理が足りなくなり、肉団子を私が作って出したり、うどんを作ったりしてました。朝には二日酔いだったとは信じられないくらいに食いすぎた。あはは。
 女の子二人が帰った後、男も一人帰り、最後は最近この部屋によく来る友人だけが残った。みんなが居たときよりも話が進み、なにか稼げる手段がないかとか、あの会社はいかんとか、ビジネス戦略をばかりを話してました。あれはなかなかいい話だった。


<社長は由佳さまに熱中>

そのあと、彼は私の本棚に関心を示し、村山由佳をけなしつつ、なにかいい本が無いかと言ってきて、彼女の作品で一風変わった直木賞受賞作を渡しました。すると、いまからそれを読みきると宣言し、熱中。その間、私はたまったブログを延々と書き続け、そんなことが朝の7時まで続きました。
このページのトップへ
11/10(Thu)

映画ががが


 木曜日。気付かない内に5限が休講になる。教室まで走って行ったのに・・・。まぁ、会える時間が長くなったので、別にいいか。すぐに電話をかけて高田馬場で待ち合わせ。彼女の方の事情で池袋には行けなくなってしまい、自分の部屋の片付けも中途半端で止めてきたので、早稲田通りを通って、自宅に戻った。意外なことに一昨日の花をあげると、すごく喜んでた。次こそドコにしようかな。
このページのトップへ
11/05(Sat)

一日目



<Udauda Kitchen>


 LOVE LOVE LOVE / Dreams Come True
 作詞:吉田美和

 ・・・ルルル~ルル♪
 ねぇ~どうして なみだが出ちゃうんだろう♪


●これまでの人生で最も長い日
http://www001.upp.so-net.ne.jp/pathos-logos/A/2002.09.15.htm
このページのトップへ
11/04(Fri)

体育祭



<団体3位入賞>

 今日は早稲田祭前日。当然、忙しいはずなのだが、私は朝から体育祭があるのでずっとかまってられない。体育祭では(当然)バドミントン。40チームの団体戦で行われる。去年は、予選リーグ敗退で11時ぐらいに早々と引き上げたが、今年のチームは一人除いてメンバーほとんどが経験者であるため、リーグ戦は他を圧倒。明らかに決勝トーナメントは確実ということで、Udauda Kitchenには13時終了と連絡。休憩時間のたびに、早稲田祭の進行具合の様子見で、ラフィーネと記念講堂を往復していたが、11時に帰ったときに、愚かなことにラケットを忘れてしまい、後輩にラケットを記念講堂まで走って持ってきてもらった。おかげさまでそのときの試合は圧勝。感謝してます。
 が、そのお礼にと、昼にラフィーネにたこ焼きを買って届けに行くと、みんな遊んでる・・・。自分の首を自分で閉めやがって・・・・。まぁ、後で思い知ればいいさということで、特には言わず、再び試合へ。


 決勝トーナメントでは、予選リーグの成績がいいせいか、とりあえず、シードを確保し、準々決勝で相手を撃破。ベスト4へ進出。ここで、早稲田祭の方で、材料とレンタル機材が届き、そのお金で大金が必要であるということで、後輩が取りにきた。そんな大金持ち歩いているわけがないので、準決勝が始まる前に彼女と一緒にATMへ。お金を渡し、「向こうでちゃんと管理できるかな」と言うと「あたしが一番危ないんだけどね」とオソロシイことを言われたが、急いで記念講堂に戻る・・・すると既に団体戦が始まっていて、メンバーに睨まれました。あああ。結局、その試合では相手が強すぎて、敗北。3位決定戦が終えた頃には、なんと4時。幸か不幸か、大幅に予定が狂ってしまった。去年の11時とはえらい違いだが、まぁ5時間分去年より成長したということで、私としては満足。
 その後、早稲田祭の方に戻る。一日に6試合もやるなんて中学・高校の部活でやってたときにもなく、疲れは絶頂。眠さも絶頂である。しかし、ゼミの屋台建設の現場に駆けつけると、屋台が傾いている。おいおい、中学生でもできることがどうして大学生でできねぇんだ。後輩はこれでいけるとほざいていだが、解体・再建設を決定。その後、仕事があるので、最後までは居られなかったが、手順を説明し、新小岩に向かう。
 最高の疲労の中、数学を教えつつ、眠気との戦いの2時間を乗り越える。あんな思いはもうしたくない。すぐに西早稲田に戻ると、はるか姫や先輩などなど諸々が熟睡。他には国際教育論を読む者、簿記の勉強をする者、中国語の勉強を者、ネットをする者・・・。まぁ、材料など重い荷物を運んでみんなお疲れなんでしょう。当日が明日なので、これから徹夜であることは既に確定。副代表であるはずのヨン様がようやく合流したが、この疲労状態の下、今から行われることを考えるだけでうんざりしたので、とりあえず酒を飲みつつ休憩。飲み食いでは気は安らがなかったので、起きているみんなと過去の恋愛話。それでも機嫌が良くならなかったので、ベランダの出る。おすぎに中からこのベランダの鍵を閉めるようにジェスチャーをする。本人は頭に4つくらい?を浮かばせていたが、なんとか私の意思が伝わった。とにかく現実逃避がしたかった。
 彼女に20分くらい電話すると、気分がすっきりし、再び中からおすぎを呼び出し、満面の笑みで、帰ってきた。取りあえず、寝ているものを叩き起こし、夜中の役割分担を開始。まず、夕食をみんな食べてなかったので、後輩2人を指名してお好み焼きを作らせる。その匂いを嗅ぎつけたのか、隣で寝ていたはずの不思議ちゃんが参加。他のみんなは水谷修のETV特集を見る。


前も取り上げたけれど、このDVDで取り上げられている話は、本当に知っていて欲しい話であって、宇田川ゼミの授業でみんなに見せてやろうとも考えていたが、自然な流れで数名が見始めた。正直、90分もビデオを見て居られる時間はないはずだけれど、多少の犠牲はやむを得ないほど見て欲しかったものなので、できるだけ見ている人には配慮して、その間、お好み焼きを焼いて食べる以外は、何も仕事を始めなかった。深夜2時。ビデオ終了~ 公園で看板作成、24時間スーパーに買出し、ラフィーネでビラ作成などの部隊に別れ、徹夜の作業。そんなこんなで早稲田祭当日を迎えました。
このページのトップへ
11/03(Thu)

ラフィーネのアイドルは誰だ!?



<パンに埋もれるくまちゃん>

 屋台装飾の次は、試作。コロッケ・ポテト・フライドチキンは前日に届くので、揚げパンだけを今日中に作っておくことにしよう。徹夜組は朝の7時から昼までみんなでオヤスミ。10時ごろ、はるか姫だけがおすぎにさらわれて彼女はねむかったらしいが、我々は1時ごろまで寝れてよく眠れた(~o~)


予定より1時間遅れて、山崎パン杉並工場からパンが到着。おすぎがせっかく車で来てくれたので、先輩とともに当日使用するエプロンなどの衣装を買いに行かせ、その間、残ったメンバーは揚げパン作りに熱中。


揚げパンの試作はすぐ出来て、コンソメ味の揚げパン(はるかがかなり苦労して粉を作ってたけど、あんまりパンとあわなかった)を作って遊んでいたけれど、衣装の購入の方は道路渋滞のせいか、時間がかなりかかっていた。大久保のユニクロ→池袋のドンキー→新宿のドンキーと転々とさせ、好ましい値段のなかったので、碑文谷のダイエーまで行かせようとまで考えたが、以外のことに、新宿の東急ハンズが一番安く、全ては決着。そのあと、外も暗くなってきた頃、ようやく衣装購入の2人も帰宅。明日は前日で、泊り込み間違いなしだから、今日は早めに帰ってもらいました☆
このページのトップへ
10/20(Thu)

♪~




<あぶないよ。。>

 木曜日。1限のあと、2限に専門ゼミの選考面接があった。予想以上に時間がかかり、なぜか先生の昼食を買いに行かさせる破目に。しかも、来週の木曜にどうしても欠かせられない予定が入っているにもかかわらず、空けるように要求される。どうしよう。。 結局、2限・昼休みは全て潰れ、家で準備する暇もなく、3限・4限・5限の間には、自宅と校舎を2回往復。かなり疲れました。5限終了後、大急ぎでまた部屋に戻り、大急ぎで部屋の片付けに取り掛かるも、途中で「こんにちは~☆」のインターホン。こんな部屋では少なくとも女の子は入れさせられないと思い、後輩たちが階段を上がってくる間に、最優先で片付けるべきものを隠す(あとで不思議ちゃんになぜか見つけられたがが。。泣)ひとまず、3人分のスペースを確保。その後も、片付けを進行させ、それと比例して、ひともぞろぞろ。結局、7人も入っちゃいました☆ 一人暮らしのワンルームで7人も悠々トコなんてそうないでしょう。Wasedasaiの打ち合わせを適当にして、そのあとジンギスカンを食べました。その他は、後輩のサイト(http://blog.goo.ne.jp/maimai_com/)によろしく。まぁ、みんなと話していて非常にいい気分になれました。幸せです☆(笑)
このページのトップへ
10/12(Wed)

ハハハ

 今日は水曜日。後期のゼミが本格始動。今回のテーマは、『NEET問題』と『成田空港問題』で、議論の質を考えれば、これまでで一番“まともな”ゼミではなかったのではないか。だが、学習的な点で言えば、まだまだである。時間ないなら、最初から言っておくべきであろう。それなら、時間制限を設けてその中で議論でき、『成田空港問題』もちゃんと時間をかけられたのではないか。もったいない。

 そのあと、中国語をお休みして、ゼミ選考のレポートを作成する。あの手この手で細工をして、締切5分前に完成。家をダッシュし、11号館へ全力疾走。あの通りのベンチでなおちゃんが平和にも声高らかに笑う前を通過し、事務所に突進。なんとか間に合った(はずだ)。この3日間で作ったレポート字数の総数は2万1千字???無謀です。こんな先輩にはならないように。
このページのトップへ
10/11(Tue)

まわれまわれメリーゴーランド~


 やっと、プロゼミレポートが終わった。12500字だって。ケッ。


『第44回衆議院議員総選挙』
http://www001.upp.so-net.ne.jp/pathos-logos/pro7.htm
このページのトップへ
10/05(Wed)

宇田川ゼミ補習

 今日、ゼミがあって、何もすることがないのか、単に各自夏休みにあったことを発表することになった。ところが、いつものことだけれど、先生が遅れてきて授業時間が少なくなってしまっていたため、私の番に回ってきたときにはすでに、授業が終わっているはずの時間になってしまっていて、ほとんど話すことが出来なかった。このブログには、あのゼミ生の一部も見ているらしいので、ここで書いちゃおう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 えー、私は一学期のとき働きすぎて、精神的にも疲れたので、塾の仕事を去年より減らし、8月の終わりまでに計25日くらい朝から晩まで働いていましたが、まぁまぁ楽でした。ひとまず、8月5日までそんな仕事があったあと、8月6・7日で、目黒区駒場から29号館の裏に引越し、家賃は高くなったのですが、学校と接していてかなり近く、設備も良いので快適です。ところがそれと平行して、永田町では解散ムードが高まり、私は郵政法案は参院可決・成立すると踏んでいましたが、3日前に中曽根弘文さんの反対により、解散を確信し、8日には本当にそうなってしまいました。私は実は、NSAという学生団体に入っていて、その関係で、議員インターンをしていました。ここは、5・6月ごろ、中西一善という六本木で強制わいせつで捕まった元議員の選挙区でもあり、保守分裂と候補が30日公示の10日前に決定したばかりという厳しい戦いでした。実は私はまだ未成年なので、公職選挙法の規定で公示前の活動が主で、成年の方がうらやましい限りなのですが、他の活動員の方と広報活動についてどうするか話し合ったり集会の設営ができたりとまぁいい経験が出来ました。そんな中、7月の終わり頃、新宿で高校のときやっていた生徒会の先輩・友達・後輩と遊んだり、8月になってからも、断続的に同級生や後輩と会いました。私は自分で自分は当時からどう変わったのか、自分を襲った出来事が多すぎて、よく分からないのですが、会った人は大抵みな見た目も中身も変わっていませんでした。その後も、引越しの整理がついた10日から12日には万博見物も兼ねて名古屋で、13日には大阪で、14日には博多、15日には北九州、16日には再び博多で、松山に私の高校があるのですが、全国に散った同級生や後輩に会い、結構、自分を見つめなおすいい機会となりました。9月の10日には松山に行き、当時お世話になった教職員の方々に挨拶や話を伺いつつ、次の日の文化祭へ向けて後輩と手伝ってました。私の出身校は中高一貫で、部活・委員会など活動は高2の秋ごろで終了なのですが、自分が高2のときの中1・中2が今の高1・高2なんですね。で、当時から3年経っていますから、もう私のことを知ってる生徒はいないだろうと考えていたのですが、予想に反して、かなり多くいてうれしかったですね。松山1泊しかしなかったのに、この旅行で彼らに吸い取られ交通費含めて6万円も使ってしまいました。が、そうゆう後輩と、彼らが一番成長して変わった後で、久しぶりに会うことはなかなかできないことで、かなり面白かったです。また、当時交流がなかった子でも、自分は文化祭で4代目の総務局長というのをしていたのですが、今年が7代目で、彼が頼もしく働いている様子を見て感動するものがありました。11日に特等席で文化祭というか学園祭ですね、それを見させてもらいフィーナーレの後、飛行機出発の20分前に母校を出発し、セカチューの舞台の空港に5分前に着き、0分前に今、皆さんが食べているタルトを買って、だからそれはあまり松山の中ではおいしくはないのですが、羽田に戻りました。この松山の出来事が私にとってこの夏、というかここ2年くらいで一番よかった思い出じゃないでしょうか。ご存知のように11日は総選挙投開票日で、私は選挙の仕事をしてましたから、羽田からそのまま大田区蒲田の事務所に行き、支持者の方々と開票を見守り、意外と早く当確が出て、お祭り騒ぎをしてました。とにかくこれもいい経験でした。そのあと9月の18日には、私は、「早稲田キャンプ」というイベントのスタッフになった、というかさせられていて、8月の終わりからそれまで企画や事務を空いてる時間でこなし、当日には長野へ行き、私にとっては珍しく早稲田っぽいこともしました。その他は、その頃、隣にあの子が帰ってきて、このゼミの人を中心とする人が私の部屋で飲み食い泊まりを繰り返し、29日に阪神の優勝を向こうの友達と見届けて夏休みが終わりました。
このページのトップへ
10/04(Tue)

院生になる

 昨日も遅くまで起きていて、起きたのが1限開始10分前。急いで支度をして、初回の「コンピューターリテラシー」とやらに出かける。初回で遅れるのはまずい、と思い急いでいると、そういえばこの時間帯にこのフロアーではこの授業しかないな、と考えて、12号館の階段上ってすぐの開いている教室に吸い込まれていった。
 まず、始まってすぐ、紙が回され、学籍番号と名前を書くらしい。自分の前に来ると、見慣れない学生番号。おかしいなぁ、と思いつつ、どうせ他学部かなんかだろ、なんとかなるさ、と考えて、書いて次に回す。そのあと、授業の説明らしく、教員から「近年の就職試験では○×&%・・・か課せられる・・・」と聞こえてきて、あれ?これはそんな授業だったかなぁ、と思ったが、商学部なんだからありなんだろ、と自己解釈する。不慣れな説明があったあと、トヨタと日産の財務諸表らしきものが配られ、突然、それぞれの利益改善率・・・・・・などを求めなさい、とか言われると、あれ?簿記なんて忘れたぞ?困ったなぁと思ったが、さすがにどう考えてもコンピューターの授業には思えなくなってきて、授業開始40分、思い切って前まで行き、教官に聞いてみた。

あ>「すみません、授業間違えたらしんですけど」
教1>「ん?」
あ>「ここ、第1コンピューター室ですか?」
教1>「君の授業は何だね」
教2>「ここは、第2コンピューター室です」
教1>「これは管理会計だぞ」
あ>「あ、やっぱり。。すみませ~ん」

 すぐに、第1コンピューター室に移動して、早速、

あ>「ここ第1コンピューター室ですよね?」
教3>「???」

 あの授業は何だったのだろうか。あとで確認してみたら、大学院の会計研究科の授業だった。内容は難しいわけではなかったが、とにかく恐ろしい思いをしたひと時だった。
このページのトップへ
前のページへ ホーム 次のページへ