FC2ブログ
プロフィール

あいちゃん

  • Author:あいちゃん
  • 啓蒙活動家の活動日誌です。












    FC2 Blog Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
02/01(Mon)

いま大宮

100201_224842.jpg
DVC00004.jpg
いま大宮。ちょっと北なのか雪が結構積もってる!

今日は大宮の授業のあと、会議があったせいか、いつもより大分遅くなってしまった。

お腹が空いた。だれもいない列車でマクド食べちゃおう。
このページのトップへ
01/30(Sat)

1月→2月

成功するだろうと思って失敗することはあっても、失敗するだろうと思っているときはたいてい失敗する。


2010年最初の月、1月は乗り切る(いや乗り切れてない)のに必死な1ヶ月でした。

徹夜は10回以上もしました。これなら、4月以降も平気?

やりたいことだけやりたい。やりたくないことはしたくない。これだけは譲れない。

と思っていたら地獄を見ました。さてどうしましょうかね。うーん、残された時間でやれることはやったし後悔しようもないしな。お手上げ?

就職までにやらないといけないことは数多い。

どうやら残りの学生生活で休みはないようです(T-T)1週間くらいください・・・。


2月は、

○新居を探す

○本の出版の仕事

○試験と修論

○サブゼミ

○受験直前対策講座

○山形へ免許合宿

などなど。

東京にいれるのは13日までなので、真剣にやらないと終わらない。
このページのトップへ
01/18(Mon)

一難去らず、また一難

修論は一旦、提出したものの、3月2日の修了試問まで改良しなくてはならない。そもそも、ワークショップが今月28日に控える。

ところが、暇なときは暇なのに、忙しいときに限って、いろいろ舞い込んで来るようで、今日は徹夜。2週間でこれで徹夜は5回目だ(泣)。結局、先週は修論関係を1秒もやれてない。

しかし、今週もやれる時間がなさそうだ。破滅の方向へ一直線(??)

まさに猫の手も借りたい状況なので、バイトを募集します。

短期のプロジェクトですが、法律や行政志望の方で暇な方はご連絡ください。
このページのトップへ
01/06(Wed)

明けましておめでとうございます。

新年のご挨拶が遅くなって申し訳ございません。

本日夕方5時半ごろ、修士論文を提出し、学生生活最後の難所を突破しました。

学部のときも卒業は相当やばっかったのですが、

今回もそれに引けをとらない身に迫る危機だったと思います。

一応、修論は終わりではありません。月末にワークショップで発表するので、それに向けて改良しなくてはなりません。

http://www.e.u-tokyo.ac.jp/cirje/research/workshops/macro/macro.html

これまで数ヶ月間、この1月6日を本当に越えられるか信じられませんでした。

冬休みも正月も全て篭ってましたが、ようやく私にも名実ともに新年が訪れました。


もうすぐ、通常国会が始まります。

通常国会は憲法で決まっている恒例行事ですが、

この国会が中盤を迎えるころには、もう永田町にある中央官庁に就職しています。

それも何か現実味がないなぁ(当たり前か)。


今日は9時から銀座で打ち上げ(?)。


残りわずかな学生生活を、

有意義に、スリリングに、エキセントリックに、

楽しく過ごしていきたいと思います。


また、就職しようが4月以降になろうが、私は変わりません。


今年もどうかお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
このページのトップへ
12/31(Thu)

On the edge

今年は変な1年でした。振り返れば、崖っぷちの日々だったと思います。

昨年から大学院の勉強の日々を過ごしていたのが、暖かくなった4月末から突如就活を始め、気が付けば夏になっていたある日全く考えていなかった公務員に進路が決まっていました。

あと数年あると思っていた学生生活が、突然残りわずかとなり、思いついたことをやりたい放題、次々とやっていきました。

9月までは、本当に充実していたと思いますが、その後3ヶ月間は果たして自分のためになっいたのかしら。


2009年

1月―4月 コースワーク(ミクロ・マクロ・計量)の勉強に追われる。

4月末 就活を決意

5月 面接を受けまくる 内定をもらう 祖父が亡くなる 国家1種試験

6月 国1を第一志望にする 国家1種合格 官庁訪問

7月 官庁訪問成功 衆議院解散 日食を見に行く 那須に行く

8月 西日本縦断・韓国 衆議院総選挙

9月 国会を引退 内定者懇談会が始まる 塾講のバイトが急増する

10月 内定式 名大に行く BAP富山南高校

11月 岡大、京大に行く

12月 仙台   


今年の最初の日記を見返してみた。
 

人生なにが起きるか分かりませんね。まさか、就活するとは思ってなかったもん。

さらばボクの青春。


それでは、また来年 ノシ
このページのトップへ
12/30(Wed)

幸せだから笑うのではなく、幸せになるために笑う。

修羅場が終わりました。

今日は今年の仕事納め。

ここ10日は冬期講習と正月特訓で、国分寺と大宮を行き来して、朝から晩まで授業をしてました。

教えていたのは、高3>高2、世界史>>数学でした。

入試問題をやるだけなので、通常より楽ですが、やはり一日立ちっぱなしは堪えます。

特に睡眠時間2時間未満の日が2日あって、そのときは栄養ドリンクで乗り切ってました。

果たして来年は、教えていた生徒から何人早稲田に来るのでしょうか?


この間、23日から26日は、ゼミの5期生がラフィーネに泊り込みで、プレゼンを作っていました。

沖谷くんに至っては24日の朝から26日の朝までラフィーネを出ることはないという可哀想な目にあっておりました。


そんな感じのことや相方の予想外の事態により、修論はヤバい状況です。

明日から締切の6日17時までは勝負ですね。


今日からやれよ?

いやいや、今から今年一年の忘年会です。
このページのトップへ
12/19(Sat)

仙台と結婚式

21日から30日まで毎日バイトですが、それも明日で折り返し地点。仕事の終わりが近いのはいいことだけど、それと同時に修論の締め切りが迫ってきているので、全く喜べない。

先週の18日、19日のことを日記に書けずにいました。忙しいのはイヤですね。


18日は東北大学の説明会のあと、東北大学の1種の内定者の方々と飲み会へ。仙台の繁華街はほとんど1ケ所しかなく、「国分町」というらしいです。東北大学の学生もほとんどこの町まで移動して飲み会をするようです。

そのあと、記者をやっているNSAの後輩と合流し、彼の家に泊まりました。広く新しい割には家賃はそう高くないようで、地方の住宅事情はうらやましい。

翌19日は昼に東北大学の行っている愛光の同級生と会いました。愛光生は医学部や理系で進学する割合が高く、まだ学生をやっている学生も多くて、東北大学でも46期だけで4人いるようです。

仙台と言えば、牛タンということで、旨いと評判な店に行きました。30分ぐらい並んで食べると今まで出会った牛タンとは比べ物にならないほど分厚く、かつ美味しいものでした。あまりの美味しさに3つも持ち帰りパックを買ってしまいました。おそらく次に仙台に行ったときも食べることになるでしょう。

その後、昼の1時半の新幹線に乗って、東京へ。そして、4時からの、市田ゼミの同期の結婚式に参加するため目黒に移動しました。

ゼミ生はおろか、親戚以外の結婚式に初めて参加する機会であり、どんなことになるのか分かんなかったところもありました。私は新婦側でした。名誉なことなのかなんなのか(笑)、なんと、親族を除いて新婦側唯一の男性で、式の始める前に気付いて結構慌てました。

今回はもう一人の同期のゼミ生と出席しました。周りの女性が泣くようなシーンでもニコニコしているような薄情なヤツなのですが、最後の最後で泣いてました。やっぱりみんな人の子だと思いました。

まぁ、結婚式というのは面白いイベントですよ。いい経験になったかな?
このページのトップへ
12/18(Fri)

杜の都

1366352419_252_20100202015601.jpg


今日は冬休み前最後の大学の授業でした。

その後、東京駅から新幹線であっという間に仙台、そして東北大学に着きました。

寒いです。雪が積もってます。
このページのトップへ
12/17(Thu)

いまは二度と戻ってこない

面白いものを見つけました。

日経BPコンサルティング「大学ブランド・イメージ調査 2010(首都圏編)」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20091208/1030505/?P=3

かなり的が当たっていると思いますが、どうでしょうか?


今日の世界史の授業で2学期のバイトはおしまい。

私は約6年前から塾や予備校の仕事をしてきました。

6年前・・そう、それは愛媛から東京にやってきた直後。高校を卒業し辺りが少しずつ暖かくなってきた大学入学の直前の3月、今ではくだらないと思っていますが、仮面浪人をしようと思っていました。しかし、大学の授業料とは別に予備校に出す大金はない。しかし、勉強をしないといけないので、バイトができる時間はそう多くない。家庭教師は交通時間だけ食って稼ぐのに効率が悪そうだ。

そんなとき、東京では塾講師が学生でできるというのを知り、新宿のとあるビルの扉を叩きました。大勢の人に説明するのは、高校時代に生徒会をやってて慣れていたんですね。

最初は短時間でまとまった金を稼ぐ手段だったこの仕事も、次第に野心的な目標を実現するのを楽しむものとなり、最近は子供(といっても高校生だが)の教育はどうあるべきか考えたり試したりする場となりました。

首都圏の塾や予備校の講師の労働市場は流動的で、私も最初の3年間はいくつかの塾や予備校を掛け持ちした挙げ句、コロコロ所属を変えていました。学部の卒業の頃には毎週行く場所も2つだけとなりましたが、毎年何回も似たようなことを首都圏各地の校舎でやってきました。

その都度、「今回はうまく行ったが、果たして明日の校舎の授業でも同じようにできるか?」とか「今日は大失敗だが、来年やるときにもそうならないように、このページは訂正しておこう」とかいろんなことを思ってきましたが、いま思えば、今年やり終えてしまうものは(人生設計が狂わない限り)二度教えることはない。

私が教えているものは数学と世界史(つまり変な人)なのですが、特に世界史はかなり規格化しており各単元十数回とやってきたので、何も見ずにそれぞれ授業ができてしまいます。しかし、その授業も今年やるもので最後と考えてしまうとなんだか感慨深い。

来週は最後の冬期講習で21日から大晦日まで、毎日バイトです。修論は?ヤバイですね。金は貯まる一方で使う暇がない、学生なんだから時間があるうちに使っとけ、遊ぶか学問しろ、と思いますが、一回踏み入れたらなかなか抜け出せない。

6年間のラストラン「最後の授業」は一体どこになるのか。まだ決めていませんが、辞めることは最強のカードになるので、有効に活用させていただきたいと思います。
このページのトップへ
12/12(Sat)

イヌネコ仮説

昨日、渋谷のネコカフェに行きました。夜11時まで開いているところです。

ネコ好きなので昔から行きたいと思っていましたが、周りにネコ好きの人がおらず、昨日まで至りました。

今まで出会ったネコはなでたり抱いたりすると喜ぶ場合が多かったのだけれども、そこのネコたちはすぐに嫌がります。

なのに、それまで見向きもしなかったネコたちがエサを見せると、寄って集って来ました。現金な奴らです。


昔から思っていたことがあるんですが、

イヌが好きな人は(性格が)ネコに似ており、ネコが好きな人はイヌに似ている。

統計を採って分析したら、実証できるんではないでしょうか。少なくとも私の知っている人はほぼ100%当てはまります。

それをネコよりイヌが好きなある人に言うと、むっとして「私はイヌもネコも好きじゃないもん!」と言われました。

そういう素直じゃないところもネコに似ているのだと思います。
このページのトップへ
前のページへ ホーム 次のページへ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。